全日本卓球選手権2016を振り返って

みなさんこんにちは、運営事務局です!

全日本を終えた吉村選手にインタビューしてきました。

 

①大会前はどんな心境でしたか?

数か月間肩の怪我で卓球から離れた時期がありました。今までこんなにもラケットを持たなかった時期はなかったので非常に不安でした。復帰戦でもありましたが、一度初心に戻り、チャレンジャーとして0から頑張っていこうと思っていました。

 

②今大会で気を付けていたことはありますか?

シングルス5回戦の平野選手です。(協和発酵キリン)ミスが少なく安定したプレーをする選手であり、同じ高校(野田学園)の先輩でお互い手の内は分かっていました。積極的に攻めましたが、凡ミスをしない事を一番に考えてました。

 

③今大会で得たものはどんなことですか?

大会を通してメンタル的な課題が見つかりました。久々の試合であり、緊張した部分もありました。、気持ちの面でポイントを取りたくて攻め急いでしまったことが負けにつながってしまったと思います。(準決勝)試合中冷静に考えてことで、もっと自分の攻撃の幅を増やすことができると思いました。

 

④世界卓球へ向けての意気込みを教えてください

メダルを取ることを前提とし、その先のドイツや、中国をどう倒していくのかがこの先行われるオリンピックに向けても、必要になってくると思います。気持ちの面で必ず優勝するという強い気持ちを持って勝ちに行きます。

 

⑤最後にファンの皆さんに一言お願いします。

いつもご声援ありがとうございます。多くの方からのご声援が、僕にとっての一番の力です。苦しい時こそ頑張ろうと思えるのは、皆さんのおかげです。今後、よりタフな試合が続きますが、皆さんの応援に応えるためにもメダルを取ってくるので楽しみにしていてください。ありがとうございました。

 

今後2月28日~3月6日までマレーシア(クアラルンプール)にて世界卓球選手権が行われます。応援よろしくお願いします。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter